Sapporo Shoulder Course 2020Sapporo Shoulder Course 2020

学会会場における感染防止対策

参加者の皆様へのお願い(必ずお読みください)

  1. 学会期間中はメモ帳や携帯メモ等に濃厚接触者(1m以内、15分以上会話)の記録を取るようにしてください。特に他人と会食しなければならなかった場合、名前を記載して残すようにしてください。
  2. 現時点で札幌市中心部(特にススキノ地区)で感染者の発生が相次いでいます(8月21日現在 36店舗66人)。学会前夜、終了後等に繰り出すことは厳に慎むことをお勧めします。
  3. 名刺交換などの物品のやり取りは接触感染の危険性があることに留意してください。
  4. 対面で話すときはマスク着用と1m以上離れるようにしてください。
  5. うがい、手洗い、アルコール消毒の励行をお願いいたします。
  6. 医療者御本人の感染はもとより、勤務先のクラスター発生、ご家族への家庭内感染などの影響含め新型コロナ感染がご心配な方は無理せずオンラインでご参加ください。

学会現地開催に際しての感染防止対策

  1. 現地参加人数の制限
  2. 会場入場者数を元々の定員の1/4程度に制限し、一定の間隔をあけて席を配置
  3. 各会場入り口でのサーモグラムによる体温チェック(既定の体温以上の方はご入場いただけないことがございます)
  4. 参加者、発表者のマスク(状況によりフェイスシールドも)の常時着用
  5. 事前参加登録による対面受付でのやり取りの減少
  6. 消毒用エタノールの設置
  7. マイクの定期的な消毒
  8. 会場の換気の徹底
  9. 参加者への厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」(参加者の方は必ずインストールをお願いいたします)と北海道コロナ通知システムの導入

なお、日本整形外科学会からも以下のような通達が出ておりますので、ご協力のほどをよろしくお願いいたします。

  1. 現地研修会場では、必ずマスクを着用してください。
  2. ご本人あるいは同居のご家族が以下の条件を1つでも満たす場合には、 現地研修会へのご参加をご遠慮いただけますようお願いいたします。

ア)発熱、咳、たん、咽頭痛、呼吸苦、筋肉痛、倦怠感、嘔気、下痢、嗅覚障害、味覚障害
イ)海外からの入国歴(14日以内)
ウ)新型コロナウイルス感染症患者との接触歴(14日以内)
エ)海外からの入国後14日を経過していない者との濃厚接触歴(14日以内)